専業主婦が借りるなら消費者金融か銀行かどちらがいいですか?

『専業主婦が借りるなら消費者金融か銀行かどちらがいいですか?』

 

『専業主婦に有利な銀行カードローン』
銀行カードローンか消費者金融どちらに申し込もうか迷っておられるのですね。専業主婦がカードローンに申し込むなら、銀行カードローンの方がメリットが大きいです。なぜなら・・・

 

考えるスーツの女性

 

◇銀行カードローンは家族に内緒で申し込みができる

専業主婦でカードローンを利用する方の中には「夫に内緒で借りたい」」とか「家族に内緒で申し込みをしたい」」という方が少なくありません。銀行カードローンなら免運転許証などの本人確認書類だけで契約ができるので、専業主婦も内緒でカードローンを利用することができます。また、ご主人の会社に確認の電話が入ることもないので安心です。それに対して専業主婦が消費者金融のカードローンに申し込む場合は配偶者の同意書が必要になるので、ご主人に内緒でお金を借りることができません。

 

◇銀行カードローンは金利が低い

また、家計を切り盛りしている専業主婦がカードローンを利用するときはなるべく返済負担を少なくしたいと思われると思いますが、銀行カードローンの金利は消費者金融のカードローンの金利よりも低くなっているので、楽に返済ができます、専業主婦がカードローンの申込みをする場合は限度額が低く設定されるので金利は最高金利が適用されどうしても高くなるのですが、銀行のカードローンなら年14.0%程度に抑えられ、消費者金融の年18.0%や年20.0%に比べるとだいぶ返済負担を軽減できることになります。月々の返済額も2000円とか3000円で大丈夫なので、ご主人に内緒で借りていたとしても、家計を上手にやりくりすれば無理なく返済ができます。

 

◇専業主婦でも借りれるカードローン

専業主婦でも借りれるカードローンは三菱東京UFJ銀行やみずほ銀行で販売しています。

 

みずほ銀行のカードローン「コンフォートプラン」の金利は4.0% 〜 14.0%で、専業主婦の場合の限度額は30万円までです。カードローンを利用するためにはみずほ銀行に普通預金口座を開設することが必要になります。

 

三菱東京UFJ銀行のカードローン「バンクイック」は、金利が年4.6%〜14,6%で利用限度額は10万円以上500万円までです。ただ専業主婦がカードローンに申し込む場合の限度額はやはり低く設定されますので、30万円程度と考えてください。「バンクイック」には三菱東京UFJ銀行に普通預金口座がなくても申し込むことができます。また、運転免許証をもってテレビ窓口で契約すれば、その場でカードが発行されるので、家族に内緒ですぐに借入ができます。