家族に内緒でお金を借りる方法

カードローンを利用したいけれど家族にばれるのは困るという方も少なくないと思います。家族にバレずにカードローンの契約をすることは可能でしょうか?実はいくつかの点に注意をすれば家族に内緒でカードローンの契約をすることができるんです。

 

◇WEB完結の申し込み方法を選択する

カードローンの申し込み方法には電話やネット、自動契約機、郵送などいろいろな方法があります。その中でも消費者金融のモビットで行っているようなWEB完結の申し込み方法を選択すれば、電話もかかってきませんし、自宅にカードや契約書などが送られてくることもないので家族に内緒でカードローンの契約ができます。ただ、モビットの場合は三菱東京UFJ銀行か三井住友銀行に普通預金口座があり、社会保険証か組合保険証を持っている方に限られます。ですから、アルバイトやパートの方はこの方法でも申し込みはできません。

 

◇連絡先を携帯電話にする

カードローンの申し込みをする時に連絡先を記入する必要がありますが、その時は携帯電話の番号を記入するようにします。そうすれば申し込み内容の確認の電話も自分の携帯電話にかかってくるので、家族にカードローンの申し込みをしたことを内緒にできます。固定電話がある方が審査に有利という話もありますが、最近は金融機関も柔軟に対応しているので、携帯電話を連絡先にしたとしても、審査に対する影響はそれほど大きくないように思います。

 

◇専業主婦がカードローンに申し込むなら銀行がベスト

専業主婦がカードローンに申し込む場合ですが、家族に内緒にするには銀行カードローンがベストです。消費者金融だと配偶者の同意書が必要になり専業主婦がご主人に内緒でカードローンに申し込むことができませんが、銀行カードローンなら本人確認書類だけで契約ができるので家族にバレずに契約ができます。専業主婦でも借りれるカードローンは三菱東京UFJ銀行やみずほ銀行で販売しています。特に三菱東京UFJ銀行のカードローンは申し込み用紙に配偶者の職場情報を記入する必要がなく、ご主人の職場に電話がかかってくることはありません。

 

◇郵便物が自宅に郵送される場合

WEB完結の申し込みができない場合には、契約書類やカードが自宅に送られてきますが、そうすると家族にバレてしまうのではと不安になりますよね。でも、消費者金融から送られてくる封筒には消費者金融の名前が書かれていないので、中身を開けられなければ、カードローンに申し込んだことはわかりません。また、自分の銀行口座がある銀行のカードローンに申し込めば、その銀行から郵便物が送られてきても違和感を持たれることはないと思うので、すでに取引のある銀行のカードローンを検討してみるのもいいと思います。

 

ピンクのスーツの女性